腸内フローラへの乳酸菌の効果とは?乳酸菌の整腸作用のメカニズム

乳酸菌,効果,整腸作用

腸内フローラとは

乳酸菌の整腸作用のメカニズムについて知るためには、まず本来のヒトの腸内環境がどのようなものかを知る必要があるでしょう。

 

腸内環境を表す表現として「腸内フローラ」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。この「フローラ」とは「お花畑」を意味する英語の「flora」から取られた言葉で、まるで種類ごとに分かれて群生しているお花畑に似ていることからこう呼ばれています。

腸内フローラ=腸内細菌のこと

では一体、何が「お花畑のよう」なのかと言うと、それは腸内に住む細菌たちです。小腸から大腸にかけて、ヒトの腸内には数百種以上、合計約100兆個以上の細菌が、それぞれ群れごとにグループを成して腸壁に住み着いています。これを顕微鏡で見るとまるでお花畑のよう、というわけですね。

腸内細菌は大きく3つに分けられる

乳酸菌,効果,整腸作用

先ほど数百種以上の細菌がいると述べましたが、これらはその働きにより、

  • 「善玉菌」
  • 「悪玉菌」
  • 「日和見菌」

の3つに分類することができます。

善玉菌の特徴と働き

「善玉菌」は腸の蠕動運動を促します。その働きによって腸内に送られてきた便の水分を丁度良いくらいに調整して排便に至るように助けます。体内の老廃物を速やかに排出させることができるため、腸内フローラが整うわけです。

悪玉菌の特徴と働き

一方「悪玉菌」は腸内をアルカリ性にする有害物質を作り出し、腸の蠕動運動を妨げます。便秘や下痢を引き起こし腸内フローラを悪化させます。ヒトの免疫機能の多くは腸内に存在するため、ここが悪化すれば免疫力も低下しますし、発がん性物質など他の疾患の引き金になることもあります。

日和見菌の特徴と働き

最後の「日和見菌」は善玉菌でも悪玉菌でもない中間的存在です。善玉菌と悪玉菌は常に腸内で勢力争いをしていますが、日和見菌はその優勢な側について加勢するという特徴を持っています。つまり善玉菌が優勢な時は一緒になって整腸作用のために働きますし、悪玉菌が優勢な時は悪玉菌と一緒になって厄介な作用を及ぼすというわけです。

理想的な腸内フローラの環境とは

この3者が住み着く腸内フローラの理想的な比率は、「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」の状態です。

乳酸菌の整腸効果のメカニズムとは

乳酸菌,効果,整腸作用

腸内フローラが常に上記の比率を保ってくれていれば良いのですが、実際には加齢や生活習慣、食習慣、ストレスなどによって大きくバランスが崩れ、悪玉菌が優勢になってしまうことがあります。これをもとの善玉菌優勢の状態に戻すために効果的なのが、乳酸菌摂取というわけです。

乳酸菌で善玉菌優勢の状態に戻す2つの方法

乳酸菌それ自体はビフィズス菌やフェーリカス菌など善玉菌の一部なのですが、これをヨーグルトなどで体外から摂取した場合、2つの方法で整腸作用を促します。

生きたままの乳酸菌を町に届ける

1つは「生きたまま腸に届く乳酸菌」の働きです。これは既に腸内に住んでいる善玉菌が増えるようサポートすると同時に自らも悪玉菌排除のために働きます。

善玉菌の餌になる乳酸菌を届ける

もう1つは「胃酸などで死滅してしまった乳酸菌」の働きです。腸に届くころには既に死んでしまっているわけですが、腸内で活躍する善玉菌の餌となったり退治された悪玉菌の死骸を吸着して体外へと排出させるという効果を発揮します。

 

こうして再び善玉菌を優勢にすることで、整腸作用による便秘解消だけでなく免疫力アップや抗アレルギー、美肌効果なども得ることができるのです。

乳酸菌の整腸作用と効果まとめ

このように、腸内フローラは「善玉菌を応援するか悪玉菌を応援するか」のどちらかで環境が大きく変化します。そして善玉菌を応援する心強い味方になってくれるのが、乳酸菌というわけですね。

 

また前述の通り胃酸で死滅してしまった乳酸菌でも整腸作用に一役買いますが、さらに大きな効果を得たいならやはり生きたまま腸に届く乳酸菌を摂る方が良いでしょう。更に、乳酸菌の餌になってくれるオリゴ糖や整腸作用をもつ食物繊維も同時に摂取するとより効果的です。

腸内フローラへの乳酸菌の効果とは?乳酸菌の整腸作用のメカニズム記事一覧