腸内細菌と免疫細胞の関係:乳酸菌には免疫力向上効果がある?

乳酸菌,効果,免疫力向上

免疫力と腸内環境の関係

免疫力が高いと風邪やインフルエンザなどの細菌やウィルスに感染しにくくなることは周知の事実ですが、この免疫力の源となる免疫細胞の殆ど、約70%は腸の粘膜やヒダに集まっています。そして「バイエル板」というリンパ組織を形成しています。
何故これほど免疫細胞が腸に集中しているのかと言うと、生命活動に不可欠な栄養素の摂取はこの腸内で行われるからです。

なぜ免疫細胞が腸内に多いのか?その2つの理由とは
①食事などで摂取した有害物質を排除するため

私たち自身は問題ないと思って摂取した飲食物にも、実は沢山の細菌やウィルスが含まれていまうす。腸は飲食物と共に侵入してきたこれらの有害物質を素早く見極めて攻撃し、体外へと排出しなければなりません。

②腸内で発生したがん細胞を排除するため

健康な人でも毎日3~4000個の癌細胞が発生しています。これも腸の粘膜から起こるものが殆どなのです。それでも多くの人が癌にかからず健康でいられるのも、腸内にある免疫細胞ががん細胞を攻撃し排除してくれているからです。このため、免疫細胞の7割は腸内で作られているというわけなのです。

腸内細菌と免疫力向上の関係とは!腸内細菌の2つの働きかけ

免疫細胞のサポートをする

この腸内に存在する免疫細胞と、腸内に100兆個以上存在すると言われる腸内細菌は、密接な関係を持っています。腸内細菌には

  • 「善玉菌」
  • 「悪玉菌」
  • 「日和見菌」

の3種類があります。
このうちの善玉菌は腸内を本来あるべき酸性に保ち、腸内の免疫細胞の活性化に資すると同時に自らも有害物質への攻撃・排除に貢献します。逆に悪玉菌は腸内をアルカリ性にして発がん性物質などの有害物質を作り出すことで免疫細胞の邪魔をします。

善玉菌を増やすことで免疫力向上できる

善玉菌と悪玉菌は常に勢力争いをしています。善玉菌が増えれば必然的に悪玉菌が減り、悪玉菌が増えれば必然的に善玉菌が減ることになります。このように善玉菌を増やすことで自然と腸内環境が整い、免疫力向上へと繋がるのです。

 

免疫細胞のトレーニングをする

実は腸内細菌と免疫細胞にはもう1つ別の分野で密接な関係を持っています。それは腸内細菌が、新しく生まれた免疫細胞をトレーニングして「一人前に育てる」という役割を担っているということ。

 

腸で新しく生まれた免疫細胞は、有害物質を発見し排除する1人前の免疫細胞として体中をパトロールできるようにならなければなりません。そのため腸内細菌が新しい免疫細胞に刺激を与えて訓練します。

 

勿論この刺激は実際には害のないもので、この実地訓練を終えた免疫細胞は1人前となって全身のパトロールに出かけることができるようになるのです。この意味では、腸内細菌は免疫細胞の「師匠」と言えるかもしれません。

乳酸菌の効果で免疫力向上を目指そう

乳酸菌,効果,免疫力向上

そこで、意図的に免疫力向上を図りたいなら、乳酸菌の登場というわけです。乳酸菌はそれ自体腸内に住む善玉菌の1種です。これを食事やサプリメントで摂取すると、腸内で免疫細胞を活性化させて元々腸内に住む善玉菌に加勢し、自らも悪玉菌の排除に回ります。

免疫力向上を得意分野とする乳酸菌を摂ろう!
また乳酸菌には様々な種類がありますが、

  • 腸内バクテリアを抑制する効果が高い乳酸菌
  • 癌細胞を排除する効果が高い乳酸菌
  • 体内に侵入してきたウィルス(ナチュラルキラー細胞)から身を守る免疫細胞を活性化させる効果が高い乳酸菌

など、それぞれに「得意分野」を持っているという特徴があります。従って、特定の分野の免疫力向上を期待するのであれば、それに適した乳酸菌を摂取するとより効果的ということになります。

色々な種類の乳酸菌を摂取することも免疫力向上につながります

更に、前述の通り新しく生まれた免疫細胞をトレーニングするという面でも乳酸菌が効果を発揮してくれます。スポーツ選手と同様、トレーニング相手やその種類が多ければ多いほど更に訓練されてより強い免疫細胞に成長します。従って、あらゆる種類の乳酸菌を取り入れてトレーニング相手を増やしてあげれば免疫力向上に効果を発揮するというわけなのです。

 

乳酸菌サプリ

>>効果のある乳酸菌サプリをお探しの方はコチラを参考にしてください<<