乳酸菌のアレルギー抑制・花粉症対策効果とは?

乳酸菌,効果,アレルギー抑制,花粉症対策

アレルギーが起こるメカニズム

乳酸菌にアレルギー抑制効果があることは多くの人に知られるようになってきました。しかしそのメカニズムを理解するためにはまず何故アレルギーが起こるのか、そのメカニズムから理解する必要があります。

免疫機能の「暴走」がアレルギーの正体

そもそもアレルギーとは人間の体に備わっている、免疫機能の「暴走」です。免疫機能は元々は、体内に入り込んできた有害物質を攻撃し排除しようとする働きがあります。

 

体にウィルスや細菌などの有害な異物が侵入してくると、白血球に存在する「T細胞」がリンパ球に指示を出し「IgE」というたんぱく質を作り出します。このIgEが「抗体」と呼ばれるものです。

 

このIgEは発見した有害物質に結合し、いわば「羽交い絞め」にします。羽交い絞めにされて動けなくなった有害物質に、白血球中にあるマクロファージやNK細胞といった攻撃要員である免疫細胞が集まってきて一斉攻撃を加えて破壊する、これが本来の免疫システムです。

IgE(抗体)が過剰に発生するとアレルギー反応につながる

アレルギーの場合、このIgEが過剰に生産されて、本来異物であっても有害ではない物質にまで反応します。食物アレルギーの場合、ある特定の食品を摂取した場合にその成分を「有害物質」と見なしてIgEが反応し、攻撃するように免疫細胞に指令を出します。
こうして有害でない物質を過剰攻撃することで、

  • クシャミ
  • 痒み
  • 発疹

などのアレルギー症状を引き起こすのです。

乳酸菌のアレルギー抑制効果

乳酸菌,効果,アレルギー抑制,花粉症対策

アレルギー抑制のためにはIgEの過剰生産をストップさせることが必要です。実際、アレルギー体質の人はIgEの量が普通の人より多いことが分かっています。このIgEは前述の通り白血球中にあるT細胞が作り出しているのですが、より正確に言うとこのT細胞には、

  • 「1型ヘルパーT細胞(Th1細胞)」
  • 「2型へルパーT細胞(Th2細胞)」

の2つがあります。このうちTh2細胞がIgEの生成を促し、Th1細胞がその生成を抑制するという役割を担っています。つまりIgEの過剰生産を抑えるにはTh1細胞の働きを強めると同時にTh2細胞の働きを緩めてやる必要があるわけです。

乳酸菌にはIgEの過剰を抑制してくれる効果がある

乳酸菌にはまさにIgEの抑制効果があることが分かっています。更に乳酸菌が腸内にいる善玉菌に加勢し、免疫細胞の7割が存在するという腸内環境を整えることで、免疫機能も整いアレルギー抑制効果を発揮するというわけです。

乳酸菌は花粉症対策にも効果がある?

乳酸菌,効果,アレルギー抑制,花粉症対策

乳酸菌が花粉症対策にも効果を発揮するというのも、まさに前述の「アレルギー抑制効果」によるものです。花粉症は「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれるように、花粉をアレルゲンとしたアレルギー症状の1つだからです。

花粉もアレルギーの一つ

花粉が体内に入り込んできた時にT細胞はこれを「有害物質」と勘違いしてIgEを大量に生産します。このIgEが花粉と結合して「ヒスタミン」と呼ばれる化学物質を放出するのです。これにより鼻水やクシャミ、目の痒みといった花粉症の症状を引き起こします。
ですから乳酸菌がIgEの生産を抑えることで、アレルギー抑制効果と同様、花粉症対策にもなるというわけです。

乳酸菌のアレルギー抑制・花粉症対策効果まとめ

乳酸菌は、いずれも腸内で善玉菌をサポートして腸内環境を整えてくれるという点では、すべて免疫機能の正常化に役立ってくれると言えるでしょう。しかし特にアレルギーや花粉症対策に注目して考えると、特定の種類の乳酸菌を選んで摂取するとより効果的です。

アレルギー抑制・花粉症対策に効果的な乳酸菌の種類
L-92乳酸菌

花粉症対策として有名な「L-92乳酸菌」は、Th2細胞の活性化を抑制する効果があることが分かっています。

KW乳酸菌

血中IgE濃度を低下させTh1細胞とTh2細胞のバランスを改善する作用があり、これも花粉症対策に有効であることが証明されています。

ビフィズス菌

正確には乳酸菌ではありませんが、「ビフィズス菌」にもアレルギー抑制効果があることが分かっています。

 

乳酸菌サプリ

>>効果のある乳酸菌サプリをお探しの方はコチラを参考にしてください<<