乳酸菌は口臭予防にも効果的?そのメカニズムとは

乳酸菌,効果,口臭予防

腸内環境と口臭の関係

口臭は口の中に問題があると思われがちです。しかし実は腸内環境が悪化している場合にも発生します。

 

腸内環境が悪化とは、つまり腸内に住む善玉菌と悪玉菌のうち悪玉菌の方が優勢になって腸の蠕動運動が阻害され、便秘になってしまっている状態のことをいいます。腸内に便という老廃物が溜まっているため、そこから悪臭ガスが発生します。

便秘によって発生した悪臭ガスの行き先

また悪玉菌自身も有毒物質を作り出し、それらが腸壁へ染み込んで血液に流れ込み、こうして悪臭ガスが全身を駆け巡ることになってしまいます。体はこの有毒物質をなんとか体外へ排出しようとしてその出口を探し、たどり着くのが毛穴<といった「排出口」です。

腐敗ガスを溜め込まないことが大切

このため腸内環境が悪く便秘が続くと体臭や口臭の原因になってしまうのです。逆に言えば、腸内の善玉菌が優勢になって悪玉菌の活動が阻害されれば腸の蠕動運動は正常化して便秘が治ります。

 

多少腐敗ガスが発生しても便と共に排泄されますし、微量ですから血液にまで流れ込んで口元にまで遡ってくる恐れもありません。つまり、腸内環境を整えることが口臭予防効果にも繋がるということです。

口内環境と口臭の関係

乳酸菌,効果,口臭予防

先ほど口臭の原因は口内環境だけではないと述べましたが、勿論口内環境も大きな要因になります。
「胃が荒れているとその臭いが口元に上ってきて口臭になる」と考える人もいますが、実際に食道には弁があって普段フタで閉じられている状態であるため、胃の中の臭いが口臭となって現れることはほとんどありません。
ですので腸内環境の悪化が原因でないなら、口臭のその原因はまず100%口内にあると考えられます。

虫歯や歯周病が口臭の原因に

というのも、口内にも無数の細菌が存在するのですが、これらは食べかすなどを分解しながら歯や歯茎をむしばんでいきます。これが「虫歯」「歯周病」で、これら虫歯菌や歯周病菌は食べかすなどを分解するときに強い臭いを持つガスを発生させます。これが口臭の原因です。

 

加えて歯周病だと膿や出血なども起こりますから、これらの臭いも混ざって悪臭となります。歯周病だと口臭がきつくなるというのは、このためです。従って、口内環境を整え虫歯や歯周病を予防することも、口臭予防効果に繋がるのです。

乳酸菌には口臭予防効果あり

乳酸菌,効果,口臭予防

これで腸内環境と口内環境の両方を整えることが口臭予防効果を発揮することが分かりましたが、この2つを同時に行ってくれるのが、乳酸菌です。

乳酸菌の腸内環境への効果

まず乳酸菌は生きて腸にまで届いた場合、そこで悪玉菌の排除に回り善玉菌の活動を活性化させます。あるいは胃酸で死んでしまった乳酸菌も、腸内でもともといる善玉菌の餌となってくれるため、結果的にいずれにしても善玉菌のサポート役として腸内環境を整える効果があります。腸内環境が整えば便秘が解消され、これが口臭予防効果に繋がることは、前述の通りです。

乳酸菌の歯周病菌への効果

また乳酸菌の中には歯周病菌を攻撃し死滅させる効果をもつ種類のものがあります。それは「乳酸菌LS1」と呼ばれるものです。実験によると、歯周病菌であるジンバリス菌を培養したシャーレにLS1を入れたところ、24時間でほとんどのジンバリス菌が死滅したのです。

「乳酸菌LS1」の虫歯への効果がすごい

しかもこのLS1のすごいところは、口内で乳酸が増えすぎるとその酸で自ら死んでしまうという特徴を持っていることです。もともと虫歯とは細菌が酸によって歯を齲蝕していくという症状ですから、口内が酸性に傾くことそれ自体は望ましいことではありません。

 

しかしLS1はジンバリス菌を退治した後に用がなくなれば自ら消え去ってくれるため、虫歯を後押しする心配もないのです。こうした特徴から、口臭予防や歯周病予防に乳酸菌を多く含むヨーグルトを使った歯磨きや、口臭予防用のLS1タブレットなども販売されるようになっています。

 

乳酸菌サプリ

>>効果のある乳酸菌サプリをお探しの方はコチラを参考にしてください<<