デブ菌を減らす方法|食事やサプリでやせ菌を増やそう

太りやすくなるデブ菌とは?デブ菌を減らす方法

 

人間の体の中には様々な菌が存在しています。
菌とひとことに言ってもその働きはそれぞれ異なり、体にとって良い菌もあれば悪い菌もあるものです。

 

デブ菌とは体の中に存在する菌のうちの一つです。
デブ菌とは通称ですので、ファーミキューテスが正式な名称となります。

 

デブ菌肥満の原因になるとも言われている菌ですが、初めて耳にする人も多いかもしれません。
デブという言葉の通り、デブ菌が多ければ多い程体は太りやすい状態となっています。

 

日常的に食べている物や悪い生活習慣の積み重ねによって増えていく菌です。
悪玉菌が増えたり老廃物が蓄積したりして腸内環境もどんどん乱れていきます。

 

そのためたとえダイエットに励んでいる人でも、デブ菌に妨害されて痩せづらくなってしまうのです。
最近ではダイエットを考える際にデブ菌が注目される事が多くなっています。

 

デブ菌を減らすサプリ等も多く登場し、高いダイエットの効果を目指せるものとして痩せたい女性達に活用されています。
また、らっきょなめこなどのように、デブ菌を減少させることに繋がる食べ物も分かってきています。

 

サプリや食事を上手に摂取できれば、デブ菌を減らせることになります。

 

痩せない原因はデブ菌?デブ菌の原因とは?

 

そもそもなぜデブ菌が体の中に常駐してしまうのかと言うと、その原因の一つには遺伝的な要因も考えられています。
しかしはっきりとした解明は今のところ出されず、原因のほとんどは食生活によるものであるといった見解が有力です。

 

脂っこいものや高カロリーな物ばかりを食べ続けていると、血糖値の上昇や肥満リスクの高まりなどが起こります。
デブ菌は肥満に近づく生活環境の中で蓄積されていくのです

 

デブ菌が増える事によって生じるのは、摂取した食物の高い吸収作用です。
口から摂取した食物の何割かは体外へと排出されていきます。

 

デブ菌が多い人の体はより沢山の栄養素を吸収しようとしてしまいます。
本来は排出されるべきものまで吸収しようとしてしまうのです

 

結果としてダイエットをしても栄養の吸収率の方が上回り、頑張っても痩せないだけではなく不要な物がどんどん体に溜まっていきます。

 

デブ菌とは真逆のヤセ菌の役割

 

デブ菌とは対極の菌として位置づけられている菌にバクテロイデスという菌があります。
これは通称ヤセ菌と呼ばれている菌です。

 

デブ菌が栄養の吸収を高めるのに対し、ヤセ菌は栄養の吸収を抑えようとする働きがあります。
デブ菌が体の中に多く存在している人の場合、反対にヤセ菌が少ないと言う傾向もみられます。

 

基本的にデブ菌ヤセ菌の理想的な比率は、デブ菌が4割でヤセ菌が6割とされています。
肥満で悩んでいる人の多くは、この比率が体内で覆っている可能性が高いのです。

 

デブ菌を減らすための方法とは?

デブ菌を減らすためには、食生活を改善させることが最も適切な方法となります。
もともとデブ菌が増える要素として乱れた食生活が考えられるので、規則正しい食生活を心掛ければデブ菌を減らせる可能性が高いです。

控えた方が良い食べ物とは

デブ菌を増やす要因となるのは脂っこいものや甘い物など、基本的に高カロリーとされるものです。

  • ファストフード
  • 甘い飲み物
  • ラーメン
  • スナック菓子など

積極的に食べた方が良い食べ物とは

  • 野菜
  • ヨーグルト
  • 納豆
  • きのこ

食物繊維を豊富に含んだ野菜はカロリーも低く、腸内環境をスッキリと整えてくれる効果が期待できます。
野菜の中でも特に水溶性の食物繊維は、腸内環境を整えるために特に大きな効果を発揮します。

 

その他にもキノコ類に多くの水溶性食物繊維が含まれているので、野菜と一緒に積極的に摂るよう心掛けるとベストです。
あるいはヨーグルトや納豆などの発酵食品も、デブ菌を減らす可能性が高いとして注目を集めています。

 

デブ菌を減らすサプリ

 

野菜やキノコを多く食べればデブ菌を減らせると言われています。
しかし仕事などで忙しい人にとっては、毎日規則正しく野菜を食べ続ける事も簡単ではない場合があります。

 

そのため乱れた食生活をしているもののなかなか改善できないというときには、デブ菌を減らすサプリを上手に活用する事もお勧めです
デブ菌を減らすサプリとして売り出されているサプリメントは、現在数多く存在しています。

 

その中でも特に、腸内環境を整える事に特化したサプリメントは効果が高い場合が多いです。
腸内にデブ菌が多い人は、反対にヤセ菌の比率が低くなっている状態にあります。

 

良質な菌と言われるヤセ菌とは、実は善玉菌の事を指しています。
そのため善玉菌が増えるという事はヤセ菌が増える事となり、ヤセ菌の比率が高まれば相対してデブ菌の比率は低くなります。

 

サプリメントを選ぶときには、善玉菌を増やす作用のある物を選ぶと良いでしょう。
乳酸菌やオリゴ糖などの腸内バランスを整えると言われる成分はもちろんのこと、食物繊維が豊富であることも重要な点となります。

 

また、デブ菌もヤセ菌も存在しているのは腸内です。
効果をきちんと発揮させるには、サプリの成分が腸まで届く事が前提にもなります。

 

らっきょを食べてデブ菌を減らす

 

サプリを服用しながら食生活の改善も自ら図れるのであれば、デブ菌を減らすための効果もより大きくなっていきます。
水溶性食物繊維はデブ菌を減少させるためにも積極的に摂りたい成分です。

 

水溶性食物繊維を多く含む食物は様々あります。
野菜であればゴボウやアボカド、果物であればリンゴやキウイなどがが代表的です。

 

また、意外にもらっきょには多くの水溶性食物繊維が含まれているのでおすすめです。
付け合わせとしてそのまま食べる事が多い食材ですが、料理に使ってアレンジしても美味しいアクセントとなります。

 

デブ菌を減らすためのらっきょの効果

 

デブ菌を減らすための水溶性食物繊維を多く含んだらっきょは、手軽に食べられるだけではなく体にとって抜群に良い効果をもたらします。
らっきょの食物繊維はまず、腸内のバランスを整え環境を良くするところからはじまります。

 

腸内の環境が綺麗に整う事によって何が生じるかと言えば、一般的にも良く知られているのが便秘の解消です。
善玉菌が減少して腸内バランスが乱れると便秘に陥りがちです。

 

特に女性は便秘に悩む人も多いものです。
しかし不要なものが外に出て行かずに体の中で止まってしまうと、腸内に有毒なガスが発生してより環境が悪くなります。

 

結果的に悪玉菌が増える原因となり、デブ菌はどんどん増殖して行く事になるのです。
らっきょはこのように乱れた腸内バランスをスッキリと改善します。

 

また、便秘を改善させるだけにとどまらず、水溶性食物繊維が善玉菌を活性化させることにも繋がります。
デブ菌の減少とヤセ菌の増大を両方から行う事となるため、ダイエットのためにもダブルの効果が期待できます。

 

なめこを食べてデブ菌を減らす

 

水溶性食物繊維はキノコ類にも多く含まれています。
キノコにも沢山の種類があり、一般家庭でよく取り入れられているのはシイタケやえのきなどがあるでしょう。

 

しかし水溶性食物繊維をより多く摂取するためには、キノコの中でもなめこが最も適していると言えます。
なめこは表面がぬるぬるとした特徴があり、火を通してもぬるっとした独特な食感が損なわれないキノコです。

 

そしてあのぬめりこそ、水溶性食物繊維を多く含んでいる事の証拠となります。
なめこはデブ菌を減らすために効果的であるとして、現在話題となっている食べ物でもあります。

 

安価で身近な食材な一つでもあるため、毎日の食生活に取り入れるのも難しくありません。
なめこを積極的に食べる事で、デブ菌を減らして痩せやすい身体に変化していきます

 

デブ菌を減らすなめこの効果

 

なめこの成分で注目されるのはなんと言ってもぬめりの成分です。
なめこの表面のぬめぬめとした成分は、ムチンと言われる粘性の物質です。

 

美肌成分があるとして女性人気が元々高い食べ物でもありますが、水溶性食物繊維が豊富であることによって腸内にも有効に作用します。
なめこのぬめり成分が腸内に届く事により、水溶性食物繊維が善玉菌の餌となって活発に働くようになるのです。

 

相対的にデブ菌の数が減少して行けば、腸内環境も整い痩せやすい身体が出来上がる事となります。

 

なめこの調理方法

  • お味噌汁
  • ネバネバ丼
  • 茹でたなめこにお醤油をかける

上記のような料理は作るのも簡単なのでおすすめです。
しかしどういった調理法であっても、洗いすぎや茹ですぎには注意しなければなりません

 

せっかくのぬめり成分が落ちてしまう調理方法は避けましょう。
水洗いする時にはさっとくぐらす程度にとどめ、ゆでる時にもぐつぐつと煮立たせずに短時間で調理を済ませると良いです。

 

ネバネバした部分が最も重要となるので、デブ菌を減らすためにはなめこの成分を無駄にしてしまわない事が大切です。

 

乳酸菌サプリ

>>効果のある乳酸菌サプリをお探しの方はコチラを参考にしてください<<